本文へスキップ

関西発がん免疫療法・温熱療法・還元電子療法を組み合わせたクリニック

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.072-640-0170

〒567-0065 大阪府茨木市上郡2丁目13-14ゴウダC&Eビル3階

がん免疫療法immunotherpy

がん免疫療法

がんワクチン療法(セルメディシン株式会社と提携)


手術で摘出した患者様自身のがん組織を科学的に固定し、完全に不活化したうえで特殊な免疫刺激剤(アジュバンド)で加工し、がんワクチンとして用いる治療法です。自家がんワクチンを投与すると、体内で免疫細胞が活性化され、活発にがん細胞を殺すようになります。がんの再発防止や転移予防、ならびに残存する微小がんの治療を目的としています。

本治療法はセルメディシン株式会社で開発された治療法で、臨床効果についてはしっかりとした科学的根拠はあります。米国癌学会の公式学術誌に発表された論文をご覧ください(Clinical cancer Research,10:1574-1579, 2004)。また国際特許も取得済みです。

病理診断用に取った残りのがん組織(ホルマリン漬けにされたがん組織やパラフィンブロックに埋め込まれたがん組織)で利用可能な治療法です。
また1.5グラム以上のがん組織(親指ぐらいの大きさ)が必要になります。1.5グラム以下の場合は治療できません(場合によっては治療できる可能性もありますので、ご相談ください。)


がんワクチン作製までには約1週間かかり、1〜1.5か月で計5回(ワクチン前後に1回のDTH検査、がんワクチン3回)の接種です。
がんワクチン注射は患者様の状態により異なることがあります。短い場合は1週間間隔ということもあります。
※副作用は注射部位の皮膚の炎症や一過性の軽い発熱程度です。



自家がんワクチン治療の効果

(1)肝臓癌
手術をするときは、肝臓がんが完治することを期待して行います。しかし、この外科的治療では、手術時点で目に見える肝癌はすべて摘出したのに、約8割の患者様が再発しました。
一方、自家がんワクチンを接種した7割の患者様は再発は認められません。自家がんワクチンが効いている為です。



(2)脳腫瘍
脳腫瘍は手術が難易度が高いため、完全摘出が困難です。取りきれなかった腫瘍細胞から再発をきたします。それを自家がんワクチンを接種することで体内の免疫力が上がり攻撃したのです。



その他の臓器・疾患による臨床試験の効果もセルメディシン株式会社のホームページで見ることができます。






紹介病院一覧
医療法人財団 医道会
十条武田リハビリテーション病院

075-671-1121(代表)

医療法人 篤靜会
谷川記念病院

072-622-3833(代表)

医療法人 医誠会
医誠会病院

06-6326-1121 (代表)

医療法人 恒昭会
藍野病院

072-627-7611 (代表)

社会福祉法人 恩腸会
大阪府済生会茨木会病院

072-622-8651 (代表)

提携企業
セルメディシン株式会社
(自家がんワクチン療法)